ARTICLE 自転車と東京をつなぐ最新ニュースや注目アイテムの紹介など、X2 TOKYOが注目する情報を毎週火曜日と金曜日にお届け!

article-category-connect

自転車急増中!<br />バルセロナは<br />自転車都市になれるか!?

2010.05.11 CYCLE/CONNECT/CITY
ヨーロッパのみならず世界中から人々が集まる観光都市であり、また約150万人が暮らすスペイン第2の都市であるバルセロナ。その街中ではここ10年の間に、自転車の存在感が年々強くなってきている。レンタサイクルに自転車レーン、そしてスケボーやフィクスド・バイクといったストリートカルチャーに伴う自転車ブーム。クルマやバスを中心とした都市交通が飽和し環境問題を抱え、都市計画の転換を迎えていたバルセロナは、「自転車都市」としてリ・デザインされようとしている。

街の風景を変えたレンタサイクルの試み。

もともと、1980年代から都市計画に力を入れてきたバルセロナだが、その政策が世界的な注目を集めるようになったのは、やはり1992年のバルセロナオリンピックの成功がきっかけだ。面積97平方キロメートル(東京23区の約6分の1)とコンパクトで高密度な都市であるバルセロナは、1992年以降も伝統の街並を活かしながら交通インフラや旧市街の再生などを推し進め、「バルセロナ・モデル」と呼ばれる都市計画の手本となった。そのバルセロナが最近新たに取り組んでいるのが、自転車の導入だ。
10年前と現在と、その風景を比較してみると、そこには変化が起きていることに気付くだろう。その変化をもたらしたのが「ビシング(bicing)」というコミュニティサイクル。公共交通機関のひとつとして市が2007年に導入したシステムで、現在では約400ステーション約6000台が稼働しており、iPhoneアプリでステーションの検索や状況をチェックもできる優れもの。市内の自転車レーンの整備が進むのと相まって、通勤利用を中心に、バスや地下鉄などの公共交通機関との組み合わせで高い利用率を誇っているし、このビシングだけでなく、市内には民間のレンタサイクルも充実しているという。

赤いボディが街並に映えるビシング
赤いボディが街並に映えるビシング。ヴェリブに比べるとスマートで重量も軽め。事前登録が必要なので観光客が使うにはちょっと面倒。
フィクスドバイクもちらほらcasino />
バルセロナ市内では、レンタサイクルが行き交う中に、フィクスドバイクもちらほら。

なぜ人々は自転車に乗るようになったのか。

「バルセロナの自転車事情の最大の優れた点は、とにかく行政のサポートとプロモーションがすごいこと。市内の自転車レーンは年々その距離を伸ばしているし、そういった整備に伴って自転車人口も増えている。通勤だけでなく、自転車カルチャーとして、BFFが開催されたり、バイクポロや街中レースなどインディペンデントな自転車イベントも盛んになってきました」

と話すのは、バルセロナの「ポスト・カー・シティ」を構想している若き建築家のマーティン・フェルナンデス・アレスさん。昨年東京の自転車シーンをリサーチに訪れ、さまざまな自転車インフルエンサーやX2 TOKYOともミーティングを持った。彼によるとこの自転車ブームを動かし、支えているのはやはり積極的な行政の取り組み。
「だから、バルセロナの自転車乗りには2種類いて、メインはレンタサイクルを使ってほかの交通機関と組み合わせて使う人。もうひとつは、自分の自転車を持っていて基本的には自転車がメインの移動手段である人。若い自転車乗りの中には、ファッションや都市のライフスタイルを象徴するものとして乗っている人が少なくないですね。いずれにせよ、車に代わる交通機関としての自転車政策をきっかけに、いろいろな人がこの街のサイズが自転車に適しているということに気づいたことが大きいと思います」

仕組みは整ったけれども……。

最近では、市内一の大通りにも自転車をうまく取り入れようという議論が持ち上がっているんだそう。東京もそうなってほしい……とうらやましく思いつつ、マーティンに「今後バルセロナが自転車都市として発展するのに必要なものは?」と聞いてみると、それは「意識」だという答えが返ってきた。
「これだけ好条件が整っていても、バルセロナは自転車都市としてはまだまだだと思います。それは、やはり人々の自転車に対する意識が低いから。自転車を使わないドライバーや歩行者には自転車はまだちゃんと認識されていないし、何より自転車乗り本人の熱意が足りないと思います」
実はビシングも整備不良の自転車がちらほらあったり、登録&パス発行がスムーズにいかなかったりという問題もはらんでいるそう。いうなれば、ハードが整備されたバルセロナ、ソフトが充実している東京といったところ。そんなバルセロナの自転車乗りたちがいかにまだ「自転車熱が低い」かというエピソードを、「可笑しかったのは」と前置きしてマーティンが話してくれた。
「今年は例外的に寒くて雨が多かったんですが、それだけで街中の自転車は激減したんです。クールでかつ機能的な自転車ファッションを持っている東京のライダーと違って、こっちの自転車乗りはいろんな条件に対応する装備も、まだちゃんとしてないのかもしれないですね」

まずはやはりお互いの存在を認め合わないと始まらない!?
昨年東京を走ったマーティンは、「クルマと自転車が共存していて、なんて走りやすいんだ!!」と感動。まずはやはりお互いの存在を認め合わないと始まらない!?

Permalink: http://x2tokyo.jp/connect/96/

  • この記事を共有する
  • このエントリーを友だちにメールで教える
  • このサイトをdel.icio.usに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークする
  • このエントリーをYahoo!ブックマークする
TWEET!

この記事に関するみんなのツイート