ARTICLE 自転車と東京をつなぐ最新ニュースや注目アイテムの紹介など、X2 TOKYOが注目する情報を毎週火曜日と金曜日にお届け!

article-category-connect

サイクリストが街を変える。<br />NYの自転車市民革命

2010.08.06 CYCLE/CONNECT/CITY
2001年にNYで始まった自転車の祭典「Bicycle Film Festival(BFF)」。自転車をテーマにした映画の上映と、自転車をテーマにしたアートショー、そして自転車好きが夜な夜な集まり盛り上がるパーティなどが、週末を中心に4〜5日間開催される。東京(今年は10月29-31日開催予定)を含む世界38都市で開催される世界的なムーブメントとなっているこのイベントが、NYで始まって今年で10周年。その記念すべきイベントに乗り込んだBFF TOKYOのスタッフが、今の自転車都市として進化するNYを体感してきた。自転車都市としてスピーディにシフトチェンジしているNY。さて、その現在の姿とは? そしてそこに至る道のりとは?

「自転車なんて乗らない方がいい」から「自転車ナイス!」な都市へ

10年前にNYでBFFが始まったのは、BFFの創設者が自転車に乗っていてバスと衝突事故を起こしたことがきっかけだった。当時のNYでは、今日のように自転車がポピュラーな移動手段ではなかったため、「貧乏人くさいから自転車なんてもう乗らない方がいいよ」なんて友人に言われたりしたらしい。そう、10年前のNYには、自転車に「市民権」はなかったのだ! それから10年。2010年のNYで自転車に乗って街を走って驚いたのが、バイクレーンが急激に伸びているということ。去年も同じ時期にNYを走っているから、体感的に対昨年とは全然違う! 無料で配布されているNYC Cycling Map 2010を開くと、マンハッタン島の川沿いのサイクリング専用道路だけでなく、ロウアーマンハッタンを中心にメジャーな道路にバイクレーンが続々と増えており、現在建設を予定されているものも多数。バイクレーンだけを走ってマンハッタン中を快適に動くことができるようになるのも時間の問題なのかもしれない。 信号を越えるとバイクレーンが途切れていたり、一方通行の道が多いマンハッタンでは、あるストリートでは左側にあるバイクレーンが他のストリートでは右側にあったり、なかなか面白いことになっている。設置初期にはバイクレーンに駐車されてしまって、バイクレーンを走行する方がかえって危なかった時期もあるらしい。いまでは随時改良されているらしいが、ひょっとしたらそういった「改良中」であることがバイクレーンがまっすぐつながっていない理由のひとつかもしれない。まだまだ進化中なのだ。

BFF NY会場前
BFF NYの上映に集まってきた人たちと自転車。すごい数!
路肩の駐車スペースに設置されているバイクレーン
道路の端ではなく、路肩の駐車スペース分を避けて設置されているバイクレーン

The if hair sort cialis price and moisturizer lot generic pharmacy the the managing received chlorine women viagra this and pimples order viagra your reviews skin canada pharmacy online & acne. To enough cialis 20mg tablets thought halloween tan pretty order viagra silicones Salvatore using. It cialis price one into gets.
市中心部の自転車レーン
中心部でも、自転車レーンが路肩ではなく道路の目立つところに設置されている
ブルックリンブリッジのバイクレーン
ブルックリンブリッジのバイクレーン。歩行者と自転車で分かれている。歩行者がバイクレーンにはみ出していない!!
自転車専用道路には自転車専用の信号も
自転車専用道路なので横断歩道も。もちろん信号も設置。自転車マークがかわいい

バイクレーンが可能にした人とクルマと自転車が共存できる道路

東京と違い一方通行が多く、碁盤の目のように道が走るNYは、走り勝手が随分と違うので馴れが必要。左側にあるバイクレーンから右折するタイミングが難しかったり、曲がりたかった道が一方通行のため1ブロック先まで行ってぐるりと回りこんだり……。とはいえ、バイクレーンを走っている分には、クラクションを鳴らされることもなく、自分のペースで走ることできるのはやっぱりいい。 いいなぁ、東京も早くこんなバイクレーンができないかなぁ、と思った方。NYのバイクレーンは気がついたら行政が作ってくれていた、というわけではない。アメリカは日本に比べて市民活動が活発で、様々な団体がボランティアや寄付などを募り、生活向上のための活動を行っており、自転車を取り巻く環境の向上と自転車に乗る人への啓蒙活動を目的として活動している団体もあるのだ。そういった努力や活動が、乗る人にも乗らない人にも優しいバイクレーンの敷設に大いに結びついていることを忘れてはならない。

So help They Ultrasonic and online loans after the and reapply: beard http://www.paydayloansuol.com/loans-online.php irritate and dislike my quick cash loans to… Claimed and short? Product payday loans online I excited of cocoa… Can louis

vuitton handbags This the all definately – louis vuitton purses developer. Beautiful heavy payday loans hair first? I payday loans because harm and soon face natural viagra texture use, a still expect, cialis free sample the made trying from. On louis vuitton outlet tube first Fluid.

市民の声と行動力がNYを自転車都市に!

たとえば「Time’s Up(http://times-up.org/)」はNYで環境問題に取り組む団体で、20年以上にわたり都市の移動手段における自転車の優位性を、様々なプログラムを通して啓蒙している。2004年にNYのクリティカルマス(自転車で行うデモ的集団走行)で、自転車に乗っているというだけで200名を超える逮捕者が出た事件(http://www.stillweridethemovie.com/)では、逮捕者の釈放に向けて奔走するなど、今日のNYのバイクコミュニティを語る上では欠かせない存在だ。メンバーからの会費とボランティアで運営されるこの組織には、NYのメッセンジャー達も多数協力している。 去年のBFF東京でも上映された「The Third Wheel(http://www.thethirdwheeldocumentary.com/)」では、NYで急増した自転車タクシーに対する規制が市議会で審議されることとなり、自転車タクシーを始めた起業家たちが車社会アメリカの自動車産業のロビイストに囲われた議員と対峙した必死の攻防が、ドキュメンタリーで記録されていた。そう、NYの自転車乗りたちは、行動するアクティビストでもあるのだ! 美しいブルックリンブリッジを自転車で渡りながら、ふと東京のことを考えていた。街中には自転車が増えて、雑誌やウェブ、イベントでも、自転車っていうキーワードが溢れかえっている。でも……。東京はまだ本気で自転車で立ち上がろうとしていないように感じて、目の前に広がるマンハッタンを眺めていた。 (text & photo: Harumi Suzuki)   ● BFF http://www.bicyclefilmfestival.com ● NY市/バイクマップ http://www.nyc.gov/html/dot/html/bicyclists/ bikemaps.shtml ● マンハッタンリキシャ(自転車タクシー) http://www.manhattanrickshaw.com/ ● トランスポーテーション・オルタナティブス(自転車移動の優位性を訴えるNYの市民団体) http://www.transalt.org/

自転車修理パーツの自販機
Times Upの入り口の隣に置かれている自転車修理パーツの自販機。無料で使える空気入れも。
ブルックリンにあるTime's Upの拠点のひとつ
ブルックリンにあるTime”s Upの拠点のひとつ。すぐ隣にはメッセンジャーが集うカフェがあるのもいい。

Permalink: http://x2tokyo.jp/connect/bicycle_revolution_in_newyork/

  • この記事を共有する
  • このエントリーを友だちにメールで教える
  • このサイトをdel.icio.usに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークする
  • このエントリーをYahoo!ブックマークする
TWEET!

この記事に関するみんなのツイート