東京で自転車を楽しむおすすめスポット4選

東京の競輪場・京王閣と立川をご紹介!
生で見る自転車レースの迫力は◎

東京には京王閣立川の2か所に競輪場があります。
どちらもアクセス良好で、全国43箇所ある競輪場のなかでも、人気の場所なんですよ。

競輪と聞くとギャンブルのイメージが強いかもしれませんが…。
自転車を誰よりも早く漕ぐために鍛えたプロが、全身全霊をかけて競う、純粋なスポーツでもあるんですよ。

最高時速70kmを超えるスピードは見るものを圧倒。
力と力、ワザとワザのぶつかり合いは、心身ともに痺れる感動を届けてくれますよ。

自転車が好きならば、一度は見て欲しい競輪のレース。
これから京王閣・立川の競輪場をご紹介します!

京王閣競輪の基本情報と特徴

京王閣競輪

住所 〒182-0025 東京都調布市多摩川4−31−1
アクセス JR南武線・京王線 京王多摩川駅 徒歩5分
営業時間 開催レースに順ずる
定休日 開催レースに順ずる
料金 50円
問い合わせ 公式サイトのお問い合わせフォーム
公式サイト http://keiokaku.com/

東京の調布市にある京王閣競輪場。
JR南武線・京王線の京王多摩川駅から徒歩5分と、アクセスがバツグンですね!

また無料Wi-Fiを提供していたり、女性や子どもでも楽しめるように整えたり、京王閣競輪場は環境づくりにに力を入れていることで有名です。

京王閣競輪場は1周400mの、400バンクという作り。
コーナーの傾斜角度が約36°あり、スキー場でいう上級者コースほど斜めになっているんですよ。

クセがないのが特徴で、走りやすいバンクと選手間で好評ですね。

当所にはマスコットガールのオーヴァルエンジェル(廣瀬千鶴・津田菜都美・堀之内優・杉崎桃子)がいるのも特徴。
当所のPRをしたり、イベントに参加したり、積極的に活動しています。

ラジオ番組ももっていて、京王閣競輪場の裏話が聞けることもあるんですよ。

立川競輪の基本情報と特徴

立川競輪

住所 〒190-0012 東京都立川市曙町3-32-5
アクセス JR立川駅・多摩都市モノレール立川北駅 徒歩15分
営業時間 開催レースに順ずる
定休日 開催レースに順ずる
料金 50円
問い合わせ 042-524-1121
公式サイト http://www.tachikawakeirin.jp/

東京の立川市にある立川競輪場。
JR立川駅、多摩都市モノレール立川北駅から徒歩15分で、散歩がてら目指せる距離ですね。

立川競輪場のなかには、市民の丘という公園があります。
芝生が引かれていて、家族連れがピクニックを楽しんでいることもしばしば。
季節によって花が咲いたり、木々が色づいたり、競輪場とは思えないような景観が広がります

関東圏ではもっともビッグレース(G1・G2戦)が開催されていて、関東のメッカとして人気の高い競輪場です!

東京で自転車をもっと楽しみたい方へ

最後までありがとうございました。
ここでは東京にある競輪場の、京王閣・立川をご紹介しました。

どちらもアクセスが良く、初めて競輪場へ行く方におすすめですよ。

競輪はギャンブルではあるものの、プロスポーツの側面をもっています。
「KEIRIN」という名称で世界に広がっていて、オリンピックも開催されるほど。
自転車競技としての地位を築いています。

車券を買わずに見るだけもできますし、目の前で繰り広げられるレースの迫力は、今まで知らなかった自転車の魅力に気づくきっかけになることでしょう。

また東京で自転車を楽しむのなら、競輪場以外にも遊べるスポットはたくさんあります。

本サイトのTOPページでは、競輪場で「見る」ほかに、「走る」「借りる」「学ぶ」の3つにスポットをあてて、それぞれの楽しみ方をまとめています。
ぜひ↓からのぞいてみてくださいね。