東京で自転車を楽しむおすすめスポット4選

自転車について調べたい!
勉強したい!なら
自転車文化センター

自転車が好きな方や、自転車について調べたい方にとって、聖地と呼べるのが東京にある自転車文化センター

自転車に関する豊富な書物・貴重な自転車の展示・専門書の閲覧など、自転車を知るにはうってつけの環境があるんですよ。

定期的に自転車旅を快適にする講習やツーリングのイベントを行っていて、これから自転車ライフを楽しみたい方にも、すでに自転車を楽しまれている方にも、一押しできるスポットです。

これから自転車文化センターの詳細をご紹介します!

自転車のことなら何でも◎自転車文化センターの基本情報

自転車文化センター

住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル1F
アクセス JR・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線 目黒駅 徒歩3分
営業時間 9:30〜17:00(最終入館16:45)
定休日 月曜(祭日の場合は翌平日)年末年始
料金 無料
※一部を除く所蔵資料の閲覧は、友の会会員登録(入会金500円)が必要。
電話番号 03-4334-7953
サイト http://cycle-info.bpaj.or.jp/

「自転車が果たす社会的な役割」を、広く一般に伝えることを目的にした自転車文化センター。

自転車についての全てを網羅しているといっても過言ではありません。

 自転車に関する約11500の書籍
 貴重な自転車・部品・ポスター・ユニフォームの展示
 学芸員の講習やイベント活動
 BCC(自転車文化センター)友の会の実施

など、自転車文化センターだからこその、充実したサポートが受けられるんですよ。

駅からのアクセスも良好で基本無料。
自転車好きならば、一度は訪れるべきスポットですね。

さっそく、自転車文化センターの特徴を確認していきましょう!

約1150冊の専門書は、国内屈指のバリエーション

約1150冊の専門書

自転車文化センターは、自転車に関する書籍を、約11500冊所蔵しています。
国内だけでなく、海外の自転車雑誌や新刊などを公開していて、誰でも無料で自由に読むことができるんですよ。

“自転車”のことならば何でも揃っていて、月間専門誌・海外自転車ニュース・自転車イラスト集・自転車旅行の進め・自転車のメンテナンスや改造方法・サイクルスポーツの紹介・自転車販売企業の報告書・自転車競技年鑑などなど…。

一生かけても読めないほど、充実したラインナップを揃えています。

探すのさえ一苦労するでしょうが、学芸員が在中しているので、心配はいりません。
あなたの読みたい本のコンセプトを伝えれば、それに合った書籍も紹介してもらえますよ。

自転車について調べたいこと、知りたいことがあるならば、自転車文化センターを利用しない手はありませんね。

まるで自転車の博物館!見て楽しめる展示・ギャラリー

展示・ギャラリー

自転車文化センターでは、部品やポスター、ユニフォームといった展示はもちろん。
希少価値のある歴史的自転車を約450台保管していて、自由に見ることができます。

世界最初の自転車「ドライジーネ(1817年)」や、レース用の自転車ツーリング用の自転車などさまざま。
なかにはサーカスで見かける前輪が非常に大きいタイプや、前輪がスキー板のようになった変わったタイプがあり、見ているだけでも飽きません

貴重な自転車を生で見られるのは、日本広しといえども自転車文化センターのみ。
自転車好きならば、足を伸ばす価値はあると思います。

自転車と生活を深くしる、イベントや講習などを定期的に実施

イベントや講習

貴重な書籍や自転車の展示だけでなく、自転車文化センターでは定期的にイベントや講習を実施しています。

自転車の乗り方講習、自転車の仕組みの解剖、自転車交通安全教室など、普段から自転車と生活を研究している学芸員の話は、一聴の価値あり。

また「高齢者の自転車事故データ」「首都圏における自転車通行空間と交通状況調査」「日本で製作・販売された自転車ブランド名に関する調査研究報告」といった、学芸員の報告書にまつわる講習もあり、

いかに自転車が身近なもので、そして怖いものなのか、改めて知ることができるでしょう。

もっと深く知りたい方には、BCC(自転車文化センター)友の会がおすすめ

BCC(自転車文化センター)友の会

入会資格 16歳以上
※16歳以下の方は、保護者または成人の方の同伴が必須
入会金 500円
※16歳以下の方は、保護者が入会ください
会員証 BCC友の会の会員証を発行
有効期限 最終来館から2年間有効
退会 いつでも即時
BCC友の会のサービス BCC所蔵の閉架図書(非公開書物)の閲覧・コピー(有料)
会報の発行
会員限定イベントの参加など

BCC友の会は、もっと深く自転車を調べたり、知りたいと思っている方におすすめです。

1度会員になれば、来館する限り半永久的に所属できますし、友の会だけのイベントも豊富。

サイクルツーリングの案内や、展示会の案内など、同じ自転車好きの方と関われる絶好のタイミングだと思います。

また会報には関連施設の割引券自転車にまつわる最新トレンドが載っていて、より充実した自転車ライフを送れる情報が満載です。

1人だけでは気づけなかったり分からなかったり、そんな楽しみを見つけられるのが、BCC友の会なんですよ。

東京で自転車をもっと楽しみたい方へ

最後までありがとうございました。
ここでは自転車について調べたり勉強したり、学ぶために最も適した自転車文化センターをご紹介をしました。

豊富な書籍が無料で見られるだけでなく、歴史的価値ある自転車も多数展示されていて、自転車好きにはたまらないスポットです。

また東京で自転車を楽しむのなら、自転車文化センター以外にも遊べるスポットはたくさんあります。

本サイトのTOPページでは、自転車文化センターで「学ぶ」ほかに、「走る」「借りる」「見る」の3つにスポットをあてて、それぞれの楽しみ方をまとめています。
ぜひ↓からのぞいてみてくださいね。